2008年4月14日(月曜日)

JIDX contest

カテゴリー: - JJ1CBY @ 00時42分23秒

JIDXコンテストでした。10mと15mは太平洋域と北米西部だけしかできず閑古鳥でした。20mはそこそこできましたが、同時刻にロシアでもコンテストをやっていたようでやや混乱しました。


2008年2月26日(火曜日)

GREAT CIRCLE

カテゴリー: - JJ1CBY @ 18時05分39秒

ホノルルから見た大圏地図にある通り、KH7Xからコンテストに出たときには、ヨーロッパをとろうとするとその手前にWが立ちはだかっていて、壁の向こうの信号を聞く思いでした。


2008年2月20日(水曜日)

keying

カテゴリー: - JJ1CBY @ 11時42分42秒

キーボードを叩くときQWERの列までは手元を見ずに打てるのだが、数字キーの時は視線がどうしても手元に行ってしまう。キーイングを習ったときレッスン1がASASASAS、レッスン2がASDFGFA、レッスン3がAWAWAWとすすみ、最後のレッスンが数字キーだったのだが、そのあたりで怠けたせいかもしれない。
手元を見ずに数字を打つことができなくても、普通は困ることは少ない。複雑な数字はキーボードの右側にひとかたまりになっているテンキーを使えばよいからだ。
しかし、コンテストとなると、ロギング中に右手をホームポジションから放してテンキーにに移すと、速度がおちるばかりでなく戻ったときにミスタッチする可能性もある。
そこで、キーボードの上段にある1〜0のキーを使うことになるが、聞き取ったコールサインのエリア番号を入力するときに目がスクリーンから手元に移り入力が終わってから視線をスクリーンに戻して数字入力を確認しつつサフィックスを入れる。コンテストナンバーの入力のときも同様。
このプロセスでだいぶ時間をロスしているような気がする。なんとか手元を見ずに入力したいものだと思うが、キーボードの種類によって数字キーの位置が微妙に違う上に、国内で使用頻度が高い「1」は小指で打つ上に距離が遠く、いきおいミスタッチになってしまう。
日頃から数字を打つ練習をしておきたいと思う今日この頃だ。


14 queries. 0.983 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

NEW PICS
5W0DXA (2017-12-7)
5W0DXA
TO2SP (2017-11-30)
TO2SP
VP2MDL (2017-11-17)
VP2MDL
3C0L 3C1L (2017-11-5)
3C0L 3C1L
ZA/PA2LS (2017-4-8)
ZA/PA2LS
S79C (2015-11-30)
S79C
TX3X (2015-10-31)
TX3X
Z21MG (2015-10-10)
Z21MG
EP6T (2015-3-1)
EP6T
C21GC (2015-2-13)
C21GC
NEW MOVIES
SEARCH
COUNTER
3473169

昨日: 00977
今日: 00896
MENU

DX PEDI

NDXA SUPPORTERS

USEFUL PAGES

CONTACT NDXA

PARTNERS

http://www.dxscape.com/

http://www.fedxp.com/

http://tgc.jp-au.net/

http://www.ydxc.jp


Hamlife News

LOGIN
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録